バクマン。

こんにちは〜!おもちです。

10月のシネマ部は「バクマン。」です!こどもの頃はりぼんとジャンプを読んですくすくと育ちました。特にジャンプは兄がずっと買っているので、りぼんよりずっと長く読んでいました。もちろん「バクマン。」はジャンプで読んでいて好きな作品だったので映画化されるのを聞いて楽しみにしていました。

maxresdefault

知ってる方も多いとは思いますが、高校生コンビが週刊少年ジャンプで連載を目指して奮闘するお話です。連載が始まった時もすごい衝撃的なストーリーで話題になり、一気に人気マンガになりました。勉強も部活も恋愛も何にもやってこなかった高校生の二人は、密かに漫画家になりたいと思っていて佐藤健くん演じるサイコーの絵を見たシュージンが声を掛けて、ジャンプで連載を目指そうと邁進していきます。週刊連載がいかに過酷か、アンケート至上主義は漫画家にとっていかに残酷かを読者に知らせた作品です。

001_size8

サイコーの絵も上手くシュージンの原作も面白くて、なんとか連載までこぎつけたのですが、読者を楽しませる工夫が毎週必要とされ、アンケート順位が2桁になると打切り候補にされるプレッシャーも毎週あり、最初から上手くはいかず挫折もたくさんしながら、ライバルである天才高校生新妻エイジとどちらが先にアンケートで1位を奪るか競い合います。漫画家になるという夢を通して、ジャンプが掲げる「友情。努力。勝利。」をすべて描いてこの作品は進んでいきます。

https://www.youtube.com/watch?v=AjuyrRTqfkE

映画の内容もさることながら、漫画を描くという映像にすると全く動きのない作業を躍動感あふれる演出にしていて、今までにない映像になっています!そして、エンドロールもすごい手が込んでいてジャンプを読んでた大人たちは懐かしさを感じられると思いますので、最後まで観てくださいね!青春映画はいくつになってもいいですよね〜。

さて、来月は何を観に行こうかな〜?

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる