本棚から1冊

     

洋服以外で好きなものといえば、B級グルメと本(BOOK)。こんにちは!ぶっち改めイニシャルBです。さて、突然ですがわたくし大のビジネス書好きでして。30代もどっぷり肩まで浸かってしまい、仕事への向き合い方、それに人生の楽しみ方など、いよいよ身に付けなければ!と思うようなお歳頃になりました。大学を卒業後、就職もせず偏った社会しか見てこなかった自分には、今このような本たちが最良の先生となっています。

FullSizeRender

こちらの本は「COWBOOKS」や「暮しの手帖」の編集長でもお馴染みの松浦弥太郎さんの本です。特にこの方が好きだとかそういうのではないのですが、丁寧な生き方や仕事への取り組み方がとても共感できるな〜と思ったのと、本棚の中でも一番オシャレよりのビジネス書だったので選んだっていう、ただそれだけです。笑

本の中身のことを少し。ありきたりですが丁寧な仕事へのノウハウがたくさん記されているほか、松浦弥太郎さんの穏やかな人柄も(お会いしたことはないですが)存分に表れていて終始心地の良い読書の時間を味わうことができる1冊です。あっ!そうそう、この本を読んですぐ、本の中から学んだことで1つ行動に移したことがあります。それは時間に余裕を持つようになったってことなのですが。例えば、このブログの更新もそうです。今までブログはその日の思いつきで書いていたのですが、今はだいたい1週間前にはテーマや内容を決めて、それまでに写真を用意したりちょこちょこ書いては修正を繰り返し3日前に完成させる!といったように進めています。その他の仕事もだいたい同じ感じでスケジューリングしています。そんなこともありいつなん時、急にお休みしなくてはならなくなっても、1日2日なら全然大丈夫な状態を保っています!おかげで大好きな釣りのお誘いが今晩急に入ったとしても、明日心置きなく釣りに向かうことができるのであります。笑 そんなわけでこれからも時間と心は常に余裕を持ってゆきたいな〜と思っています。。